ニュース

「エルメス」丸の内がリニューアル 店舗周辺の苔、石壁、木の幹などが内装のヒントに

 エルメスジャポンは8日、「エルメス(HERMES)」丸の内店をリニューアルオープンする。丸の内店は1979年に日本初の店舗としてオープンし、2004年に現在の場所に移転した。「エルメス」の直営店はその土地とのつながりを大切にしており、店舗ごとに内装や取り扱いアイテムが異なる。2層からなる同店は内装に日本の伝統的な素材や技術を取り入れて、40年以上となるメゾンと日本のつながりを伝えている。

 同店が位置するのは皇居にほど近い丸の内仲通り沿いで、石畳の並木道がヨーロッパの街並みを思わせる。印象的なのは自然光の扱い方で、日中は黒いファサード越しに取り入れる光がプリズムのように店内に注ぐ。2階は窓いっぱいに緑が広がり、静かな別荘を訪れたような印象を受ける。店舗デザインを担当したのはパリの建築設計事務所レナ・デュマ・アルシテクチュール・ダンテリユール(RDAI)で、彼らの目を通した日本の美意識が反映されたインテリアが見応えがある。

 壁面の一部は左官職人による手作業で禅寺の石庭をほうふつとさせ、1階のラグの配色は、丸の内店周辺の自然や苔、石壁、木の幹などからイメージしたという。また、2階の床には竹を使用。可動収納式の間仕切りには職人の手すきによる和紙を用いるなど機能性と装飾が融合している。取り扱い商品は1階はホームコレクション、レザー、シルク、ジュエリーや時計に加えてサロンスペースを用意。2階にはメンズとウィメンズのプレタポルテやシューズをそろえる。

 オープンを記念して7日には花を積んだ馬車が店舗周辺を歩き、スタッフが通りがかかった人に花をプレゼントしていた。ソーシャル・ディスタンシングを保つため、事前の告知はナシ。偶然通りかかった人は石畳に響く馬のひずめの音や荷台いっぱいの花に歓声をあげていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら