ニュース

「アディダス」から“ウルトラブースト”と“4D”を大胆に融合した新シューズ

 「アディダス(ADIDAS)」は、最新のミッドソール“アディダス4D(ADIDAS 4D)”とランニングの人気シリーズ“ウルトラブースト(ULTRABOOST)”のファーストモデルのアッパーを融合した“ウルトラ4D(ULTRA4D)”(2万8000円)を8月11日10時から公式アプリで先行発売する。サイズは22〜31cm。

 アッパーは“ウルトラブースト”のデビュー作を忠実に再現したブラックベースのカラーで、フィット感に優れたプライムニットを採用している。ミッドソールの“アディダス4D”は、数年間にわたるアスリートの走行データに基づいて開発された。UV硬化ポリウレタン混合樹脂を光と酸素で固めた、“ラティス”と呼ばれる入り組んだ構造が特徴だ。交差する細かい樹脂によって着地時の衝撃を分散し、安定感を維持させる。

 8月13日からはアトモス(ATMOS)やビリーズ(BILLY’S)の公式サイトのほか、キス トウキョウ(KITH TOKYO)、ミタスニーカーズ(MITA SNEAKERS)、スニーカーズエンスタッフ トウキョウ(SNEAKERSNSTUFF TOKYO)などでも販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら