ビューティ

ポーラが「B.A」を刷新 「人生100年時代」ともいわれる時代にエイジレスな生き方を提案する

 ポーラは主軸スキンケアブランド「B.A」を刷新し、スキンケア製品5品を9月11日から随時発売する。「人生100年時代」ともいわれる時代にエイジレスな生き方を提案。「エピ・ハリネットワーク(肌表面上にハリ感を与える化粧膜を形成すること)理論」を搭載。クレンジングクリーム、ウォッシュには、プレエピ・ボリューム処方を、ローション、ミルク、クリームには、エピ・ボリューム処方を採用し、ハリのある肌をつくり持続させる。

 及川美紀社長は、「ポーラが目指すのは、出会いとつながりで可能性を広げる社会。リアルな対面販売を通じ、お客さまに適切なアドバイスやサービスを提供することで信頼関係をつないできた。それをオンラインにも広げ、関係性を深めていきたい。フィジカルなディスタンスは維持し、密度を濃く会える場を作っていく。オンラインカウンセリングによってこれまで提供してきたサービスがさらに向上し、オンラインとオフラインの両軸だからこそ新たな価値を見いだしている」と近況を語った。

 さらに「もう一つの目標として、ダイバーシティーを推進し一人一人の可能性を広げる。ブランドビジネスなどを通じてジェンダーギャップの解消を掲げ、現在は女性の意思決定者を増やすことなどに取り組んでいる。それを象徴すべく今秋ポーラを代表する基幹ブランド『B.A』を刷新する」と話す。

 「B.A」は1985年に年齢とともに変化する肌を科学するために誕生。“人の可能性は広がる”というブランドポリシーを掲げ、肌領域にとどまらず、筋肉や認知科学、脳科学など多角的に研究を深め、新しいエイジングケアを提案してきた。15年にはB.Aリサーチセンターを創設した。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら