ビジネス

AR技術やスマートミラーを体験 三越銀座がビューティテクノロジーの祭典

 三越銀座店は3月18日まで、デジタルテクノロジーを駆使した美容の祭典「GINZA BEAUTY TECH EXPO~美容の未来に旅をする~」を7階の催事場で開催している。“未来の美容体験”をテーマに、「SHISEIDO」や「スック(SUQQU)」「リファ(REFA)」など計12ブランドが出店。新たな機器を使った肌測定やメイクシミュレーション、ヘアケアアドバイス、さらには研究開発者や人気モデル・ヘアメイクアーティストによるトークショーなどを行う。
 
 同祭典は、「デジタルの進化によって美容業界も大きな変革が生まれつつある。その中で、ECや売り場で表現できていない新しい価値を提案する」(東海林憲昭・三越銀座店長)ことを目的に開催。さらに、多様化する消費者の関心にアプローチし、「日本の技術力を東京の中心地である銀座から発信し、モノを売るだけなくコト体験を重視した」(入月雅子銀座化粧品バイヤー)ブランドを取りそろえた“ビューティテクノロジーのビューティテーマパーク”として訴求する。初日には同祭典の店内媒体に起用されたモデルの鈴木えみが来場し、各ブースをいち早く体験した。

 会場は「スック」「アナ スイ(ANNA SUI)」などAR技術を駆使したメイクシミュレーションやスマートミラーを取り入れた“メイクゾーン”、「SK-Ⅱ」「SHISEIDO」「B.A」など肌測定やAR技術でスキンケアステップなどを伝える“スキンケアゾーン”、「ヤーマン(YA-MAN)」「リファ」などデジタルアート×テクノロジーで新たなプレゼンテーションを行う“美容機器ゾーン”、研究者や開発者、著名人などのトークショーなどを実施する“ステージ”で構成する。

 同店は、昨年から7階催事場でのビューティイベントを実施。今回の売上高は前回比30%増を見込んでいる。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら