ビューティ

対面&温故知新な”売り方”で堅調なメーカーも 化粧品の新型コロナ対策

有料会員限定記事

 世界で感染が拡大する新型コロナウイルスは、いまだ収束の兆しが見えずにいる。政府観光局が3月19日に発表した2月の訪日客数は前年同月比58.3%減(108万5100人)で、3月はさらに厳しい数字が予想される。営業縮小を余儀なくされている百貨店は訪日客減少に加えて日本人客の外出控えもあり苦戦。16日発表の百貨店大手3社の3月前半の売り上げ速報は同3〜4割減だった。暗い話題が多く聞かれるその一方で、この状況下でも発売した新製品がヒットしているブランドもある。“不要不急の外出を控える”ことが推奨される中で力を発揮している販路を紹介する。(この記事はWWDビューティ2020年3月26日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1184⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら