ファッション

「グッチ」の親会社CEO、報酬25%カット

 新型コロナウイルス感染拡大とその経済への影響を理由に、ケリング(KERING)のフランソワ・アンリ・ピノー(Francois Henri Pinault)会長兼最高経営責任者(CEO)は、4月から年末まで報酬の25%をカットすると発表した。

 また、ピノー会長兼CEOの右腕を長年務めてきたジャン・フランソワ・パル(Jean-Francois Palus)=マネジング・ディレクターも年俸の一部を返上する。

 現在の危機的状況でファッション業界の経営者たちは団結の意思を示さなければというプレッシャーにさらされている。従業員と経営陣の深い格差に焦点が集まり、多くの企業が経営幹部の給与カットに踏み切っている。

 ピノー会長兼CEOの年俸は、今年は96万ユーロ(約1億1300万円)に下がる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。