ファッション

「ピーチ・ジョン」の妹ブランド「ガールズ バイ ピーチ・ジョン」が登場 発売記念イベントに今泉佑唯、ミチらが登壇

 「ピーチ・ジョン(PEACH JOHN)」は若年層向け新ブランド「ガールズ バイ ピーチ・ジョン(GiRLS by PEACH JOHN)」を発売する。1月29日に第1弾商品として、ノンワイヤーブラジャー「ピージィ」とブラジャーとパンティのセット3シリーズを発売した。同社は10~20代前半の若年層の取り込みを課題としており、新ブランドで新客の開拓とブランドの認知拡大につなげる狙いだ。

 アイコン製品であるノンワイヤーブラジャー「ピージィ」は、ターゲット層が手に取りやすい1980円の価格で販売する。ブラジャー&パンティのセットも1980円から用意し、若年層のニーズに合わせて日常使いしやすい“なちゅこれ”、ノンワイヤータイプの“りらこれ”、バストの谷間をメイクする“もりこれ”の3タイプをラインアップし、ランジェリーのエントリーアイテムとして若年層の取り込みを図る。また、同ブランドのキャンペーンモデルに今泉佑唯、黒木ひかり、ミチ、中野恵那の4人を起用し、公式サイトでウェブCMを公開した。

 発売を記念して渋谷109で開催されたイベントにキャンペーンモデルの4人が登壇した。新ブランドのターゲットと同世代の黒木ひかりは、「若者向けのランジェリーブランドってあまりなかったんですが、『ガールズ バイ ピーチ・ジョン』はデザインもかわいいし、私たちの世代でも買いやすいお手頃な価格なのもうれしいです」と述べた。また、ウェブCMの撮影を振り返って、中野恵那は、「みんな同世代ということもあって、本当に仲が良くて。撮影もみんなで楽しんでいる自然な姿を撮ってもらえました」と笑顔を見せた。新ブランドのアイコン製品であるノンワイヤーブラジャー「ピージィ」について問われると、ミチは「『ピージィ』は着けている感がなく、とても楽な所が気に入っています。私よくブラジャー着け忘れちゃうんですけど……、本当に着けてないときと同じくらい楽です(笑)。ほかにも“なちゅこれ”はシルエットが女性らしくてかわいいし、“りらこれ”はノンワイヤーで着け心地も洗濯も楽なので気に入っています」と会場の笑いを誘った。

 イメージモデルに選ばれた気持ちについて、今泉佑唯は「ずっと下着のお仕事をしたかったので、本当にうれしかったです。信じられなくて、鳥肌たちました」、中野は「『ピーチ・ジョン』は普段から愛用しているブランドなので、うれしい気持ちでいっぱいです。下着のモデルは初めてだったので、新しいチャレンジになりました」、ミチは「みんなが知っているブランドなので、決まったときは自分にできるかなって不安もあったんですけど、同じ世代の子たちに向けて発信できるのが嬉しかったです」、黒木は「大人の下着と言えば『ピーチ・ジョン』というイメージがあったので、若者向け『ガールズ バイ ピーチ・ジョン』のモデルをできることがすごくうれしいです」とそれぞれに感想を述べた。また、ミチは「『ガールズ バイ ピーチ・ジョン』はデザインもかわいくて、それぞれの悩みに応えられるシリーズになっていると思うので、自分にピッタリのものを見つけてみてほしいです」とメッセージを送った。

 ボディーやバストケアについて聞くと、今泉は「バストアップや形のキレイなバストのために、背中やワキ、おなかのお肉をバストに集めるようにボディー用のブラシを使ってマッサージを日々行っています。あと、夜はナイトブラを絶対着けるようにしています。日中用はお肉が逃げないようにワキの部分が高くなっているブラジャーを選んでいますね」と徹底したケアを行っていることを述べ、黒木は「バストの形がきれいだと気分が上がるので、お風呂のときなどに背中やワキからしっかりお肉を集めてきれいなバストの形を保てるようにマッサージしています」と答え、美意識の高さをうかがわせた。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら