1. 「ディオール」のキム・ジョーンズが東京で発表したコレクションから語る 「僕とムッシューが日本に魅了される理由」

「ディオール」のキム・ジョーンズが東京で発表したコレクションから語る 「僕とムッシューが日本に魅了される理由」

インタビュー

2018/12/1 (SAT) 06:00
GIOVANNI GIANNONI / WWD (c) Fairchild Fashion Media

 「ディオール(DIOR)」は11月30日、東京・青梅のテレコムセンターで2019年プレ・フォールのメンズ・コレクションを発表した。親日家のキム・ジョーンズ(Kim Jones)=メンズ アーティスティック・ディレクターは、メゾン史上初となるメンズのプレ・コレクションのランウエイショーを東京で開催したのみならず、アーティストの空山基(そらやま・はじめ)とのコラボレーションや桜吹雪のモチーフ、ランドセルにインスピレーションを得たバッグなど、日本のモチーフを随所に散りばめた。なぜキムは、これほどまでに日本に魅了されるのか?その理由を聞いた。

WWD:キムが日本好きなのは知っているが、メゾン史上初のランウエイショーを東京で開催したのは、それが理由?

キム・ジョーンズ(以下、キム):もちろん僕も日本が大好きだけれど、メゾンの創業者ムッシュー・ディオールも日本を深く愛していたんだ。過去のコレクションからは、彼が日本を愛していたことがうかがえる。日本向けのスペシャル・ラインを作っていたこともあるんだよ。ムッシューの日本への想いに敬意を表しながら、「ディオール」の過去と現在を組み合わせて見せるという意味で、この国で開催するのが一番だと思ったんだ。

WWD:ムッシュー同様、そこまでキムが魅了される日本の魅力ってなに?

キム:君も周りを見ればわかるよ!素晴らしく近代的なビルと、歴史的な文化が共存している。デザイナーとしては素材や職人技、技術力も魅力的。そして、常に新しいブランドが生まれている。道ですれ違った人の洋服や、ちょっと見かけた新しいテクノロジーなど、全てがインスピレーションの源だ。

WWD:今回のコレクションにも、そんなインスピレーション源を盛り込んだ?

キム:もちろん。そこにムッシューの日本への愛情も盛り込んだ。50年代の作品と思われる、彼のスケッチ画から得たインスピレーションとかね。今は「盗用」などにまつわる議論が活発な時代だけれど、ムッシューは心の底から日本の文化を賞賛していたし、僕も同じ。本当に美しい国に影響を受けたことを表現するのは、素晴らしいことだ。

WWD:具体的には?

キム:コラボレーションした“ソラヤマさん”(=空山基)の作品は、プリントしたり、素材にメタリックプリントを加えたり。桜吹雪と組み合わせたりもしている。“日本のスクールバッグ”(=ランドセル)みたいなバッグもあるよ(笑)。他に使った柄は、ムッシュー・ディオールが生前最後に手にしたと言われているネクタイの柄。日本の絹で作られていたんだ。

WWD:空山基は、どこで知ったの?

キム:昔から知っていた。すごく未来的なアーティストだと思う。1970年代からすでに先進的だったみたいだ。今回はショーのために銅像を作ってくれたんだけど、力強い女性のようで気に入っている。ムッシューもタフな女性が好きだったから。今回、一緒に仕事をして、そのスピード感に驚いたよ。

WWD:ショーの前から、カプセル・コレクションの発売やサイン会などで大忙しだった。

キム:顧客を満足させることが一番。今の消費者は、いろんなものに興味を持っているから、同時進行でいろんなことをやるしかない。大変だけれど、いつもこんな感じかな。もう来年春に発表するコレクションのコラボレーションだって準備万端なんだよ(笑)。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 朝ドラ「まんぷく」で14歳の役を演じ、話題の女優・岸井ゆきのとは?

    映画・ドラマTV・ラジオキャリアインタビュー
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true