ファッション

「ディオール」キム・ジョーンズ初のプレ・フォール・コレを東京で開催! ケイト・モスやデヴィッド・ベッカムら豪華ゲストが来場

 「ディオール(DIOR)」は11月30日、キム・ジョーンズ(Kim Jones)=メンズ アーティスティック・ディレクターによる2019年プレ・フォール・コレクションを東京・青海のテレコムセンターで披露した。

 会場には日本人アーティストの空山基が手掛けた全長11メートルの巨大な女性の像がそびえ立ち、ランウエイの床には日本を象徴する桜が描かれた。メゾン史上初となるランウエイショー形式のプレ・フォール・コレクションには、ケイト・モス(Kate Moss)やデヴィッド・ベッカム(David Bekham)らキムと親交の深い人物をはじめ、村上隆や藤原ヒロシ、ベラ・ハディッド(Bella Hadid)ら大物ゲストが国内外から多数出席した。

 ショーのフィナーレでは会場全体を無数のレーザー光線が覆い、大音量のクラブミュージックが会場を飲み込んだ。DJはゲストとしてフロントローでショーも見たディプロ(Diplo)。ゲストが光と音楽の演出に魅了されている目の前で、空山の女性の像を取り囲むようにしてDJブースやバーカウンターの設置が行われた。そのまま会場はアフターパーティーへと突入。会場転換さえも演出にしてしまった「ディオール」のショーに来場者は大興奮で、ショーからアフターパーティーまで終始大盛り上がりだった。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら