ファッション

「ヴァレンティノ」が北京で新作クチュール・コレクション 着想源は「ルネサンス時代のローマと王朝時代の北京」

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は11月7日、北京・三里屯旗艦店のオープンを記念して、アマン・サマーパレス北京(Aman Summer Palace Beijing)で新作のクチュール・コレクションを発表した。

 ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)=クリエイティブ・ディレクターは、「“デイドリーム(白昼夢)”と名付けられたこのコレクションは、ルネサンス時代のローマと王朝時代の北京の対話を着想源としている。いかにもイタリアのオートクチュールらしいものであると同時に(異文化との)共生も表現されている。『ヴァレンティノ』といえば赤色のイメージがあるが、今回のコレクションのために“ヴァレンティノ・レッド”と“ヴァレンティノ・ピンク”と呼ばれている色味と中国の伝統的な赤色を混ぜて、“デイドリーム・レッド”という特別な色味を作り出した」と語った。

 会場ではオペラ音楽が流れる中、大小さまざまなサイズのリボンや花で飾られた45のルックを身に着けたモデルたちが登場。このために45人のお針子が北京に飛び、コレクションの最終調整を行った。同ブランドのオートクチュール・コレクションの売り上げのうち35%を中国の顧客が占めているという。ピッチョーリは、「会場にいる600人の観客全員がクチュールの顧客というわけではないが、『ヴァレンティノ』らしさを伝えるため、この美しい夢を共有したいと思った」と述べた。

 ショーには、KポップグループBLACKPINKのロゼ(ROSE)をはじめ、中韓アイドルグループ宇宙少女のソニ(Wu Xuanyi)、台湾出身の女優スー・チー(Shu Qi)、タイ出身の女優ミウ・ニッター・ジラヤンユン(Mew Nittha Jirayungyurn)、日本からはKoki,が来場。アジア各国からセレブリティが集まった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら