ファッション

「ヴァレンティノ」最新メンズ広告は、アンダーカバーが制作 コレクションに引き続きコラボ

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は、「アンダーカバー(UNDERCOVER)」とコラボレーションした2019-20年秋冬メンズの広告ビジュアルを公開した。「ヴァレンティノ」のピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)クリエイティブ・ディレクターと、「アンダーカバー」の高橋盾は、コレクションだけでなく広告ビジュアルでもコラボレーション。制作は、昨年高橋が設立したアンダーカバープロダクションが担当した。アートディレクターは、永戸鉄也が担当。フォトグラファーは、守本勝英と水谷太郎。いずれも高橋とともにアンダーカバープロダクションを立ち上げたメンバーだ。

 ADビジュアルは、「ヴァレンティノ」のクラシックかつ伝統的な美と、「アンダーカバー」のストリートカルチャーがもたらす反骨精神などを融合。コレクションを彩ったUFOなどが描かれ、シュールレアリスムを表現している。2つのブランドはこのシーズン、さまざまなモチーフやフレーズをシェア。高橋制作のビジュアルを、「ヴァレンティノ」はチェスターコートなどの正統派ウエアに職人技で、「アンダーカバー」はブルゾンなどにプリントなどカジュアルに盛り込んだ。

 2つのブランドは、同シーズンのウィメンズ・コレクションでもコラボレーションしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら