ニュース

「ヴァレンティノ」2019-20年秋冬は“愛”がテーマ グラフィックは「アンダーカバー」高橋盾が手掛ける

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は3日、2019-20年秋冬コレクションを発表した。

 今季はピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)=クリエイティブ・ディレクターが“愛”をテーマにバラや抱き合う男女のグラフィックをプリントや刺しゅうで施したコレクションを披露した。これらのグラフィックは全て「アンダーカバー(UNDERCOVER)」の高橋盾デザイナーが手掛けている。「ヴァレンティノ」は、19年のプレフォール・コレクションと19-20年秋冬メンズコレクションの2回にわたり「アンダーカバー」とコラボレーションするなど、高橋デザイナーと親交が深い。

 また、チュールドレスの胸元やドレスの裾、コートの裏地などには詩の一節をあしらったアイテムも。これは、グレタ・ベッラマチーナ(Greta Bellamacina)、ムスタファ・ザ・ポエット(Mustafa the Poet)、イエルサ・デイリー=ウォード(Yrsa Daley-Ward)、ロバート・モンゴメリー(Robert Montgomery)らピッチョーリ=クリエイティブ・ディレクターが選んだ4人の現代詩人によるものだ。ピッチョーリ=クリエイティブ・ディレクターから‟愛”というテーマを与えられて4人が詩を書き、その詩を着想源として高橋デザイナーがグラフィックを制作したという。4人の詩人による詩は、“VALENTINO ON LOVE”という冊子にまとめられ、来場者に配布された。

 今季のコレクションには「ヴァレンティノ」らしいクチュールの手法をふんだんに使用したドレスに加え、グラフィックを大胆に乗せたテディベアコートや、フーディーにオーバーサイズのコートを合わせたスタイルなど、ピッチョーリが提案するストリートテイストが色濃く反映されたワードローブを披露した。