ニュース

三越伊勢丹の新会社が求人情報提供アプリ開発 育児や介護で長期予定が立てにくい人のニーズに対応

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)が設立した新会社ワンデイワーク(飯島芳之社長)は、単発・短時間に特化した求人情報の提供アプリ「ワンデイワーク」を開発した。システムは、デイワークアプリ「ワクラク」を運営するワクラク(Wakrak)と共同開発した。11月1日からサービスを提供する。

 アプリをダウンロードしてプロフィール(職務経歴)を登録すると、自分にあった求人情報の検索・申し込みができる。仕事の契約締結はアプリ内で完了し、応募先との面接は不要だ。給与の受け取りも一括管理でき、わずらわしい書類手続きは必要ない。求人情報は、百貨店・小売業態をはじめ、さまざまな業態における接客補助業務、軽作業、事務作業などを中心に提供する。

 同アプリは、三越伊勢丹グループの社内公募で社員から提案されたもの。家庭の事情や育児などを理由に同グループを退職したメンバーから、長期的な予定が立てにくく、働く意思があっても職に就けないという声が寄せられたことから構想した。「“人と時代をつなぐ”われわれとして、次の時代にマッチした働き方を提案するとともに、人手不足・人材活用という社会問題の解決につなげたい」と同グループ。

 ワンデイワークは、三越伊勢丹HDの100%出資により、10月1日に設立された。