フォーカス

シリアスすぎるとサステイナブルできない エディターズレターバックナンバー

※この記事は2019年9月26日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

シリアスすぎるとサステイナブルできない

 「予想通り」ではありますが、2020年春夏コレクションは環境問題、サステイナブルが大きなトピックスとして浮上しています。ボタニカル柄、動植物との共生という着想源、再生可能もしくは天然の繊維、そして型数を絞ったムダのない提案などがトレンドとして浮上中。それらは一過性のトレンドではなく、永続的な取り組みとして定着することでしょう。いや、定着させなくてはなりません。

  NYでは「3.1 フィリップ リム(3.1 PHILLIP LIM)」、ミラノでは「マルニ(MARNI)」。出張中、共に環境問題に対するアクションに積極的な2つのブランドを率いるデザイナーにインタビューする機会を得ました。環境問題は深刻なトピックスですが、2人とも「シリアスになりすぎないように」とのメッセージを投げかけてくれたのが印象的です。

 フィリップ・リムは、「真剣に取り組むことは大事だが、『失敗できない』『大きなアクションを起こさなければ』というプレッシャーに駆られると、長続きしない。そして途中で断念するのが、一番サステイナブルじゃない」と言います。また「マルニ」のフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)は、「シリアスになりすぎるあまり、落ち込み、悲壮感に満ち溢れてしまうのは『マルニ』らしくないし、ファッションらしくない」とコメント。あらゆる洋服にのせた花柄のモチーフは、社内のデザインチームがハンドペイントしたものです。「マルニ」ですから、みんながキャッキャ言いながら描いたに違いありません(笑)。

 環境問題に対して、もっとシリアスでアクティブな方々から見たら、「生ぬるい」でしょうか?そもそも、「年に2回、なんなら4回、6回と新作を生み出すシステムをどうにかしろよ」と思われる方もいるでしょう。でも、いきなりソレを変革するのは大変すぎる。それをファースト・ステップに設定すると、フィリップが言う通り「長続きせず」、取り組みや意欲は水泡に帰してしまいます。

 なんならファースト・ステップは、「一日一善」くらいの感覚。そこから二善、三善と取り組みを増やし、いつの日か業界の根本的な矛盾に立ち向かう。そんな考え方を認め、実践するケーススタディを海外コレクションで見つけ、帰国の途につきました。

SOCIAL & INFLUENTIAL:社会情勢によって変化するファッション&ビューティ業界を見つめます。インクルージョン(包摂性)&ダイバーシティー(多様性)な時代のファッション&ビューティから、社会に届けたい業界人のオピニオンまで。ジャーナリズムを重んじる「WWD JAPAN.com」ならではのメルマガです。

エディターズレターとは?
「WWDジャパン」と「WWDビューティ」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在7種類のテーマをお選びいただけます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWD JAPAN

求ム!次世代D2Cブランド アメリ、サティス製薬、ファブリックトウキョウなど有力企業のキーパーソンが語る「D2Cブランドの作り方」

「WWDジャパン」9月14日号は、「次世代D2Cブランドの作り方」特集です。「アメリ(AMERI)」「ファブリックトウキョウ(FABRIC TOKYO)」「オブジェクツアイオー(OBJECTS.IO)」「メデュラ(MEDULLA)」など、ファッションとビューティ業界の日本を代表する有力D2Cブランドの創業者たちが、ブランドの立ち上げから運営、ブランドの今後までを惜しげもなく公開。側面からブランドを…

詳細/購入はこちら