ビジネス

ドーバー ストリート マーケットが香水とコスメに特化した店舗をパリに出店

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」の川久保玲デザイナーがディレクションするセレクトショップ、ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET以下、DSM)は、パリ・マレ地区に香水とコスメを中心にした新店舗を開く。住所や店舗面積、ブランドラインアップは明らかになっていないが、オープンは5月中を目標にしているという。同社が香水とコスメに特化した店舗を開くのは初めて。

 同社のビューティ関連の取り扱いブランドには、ギンザ店で2015年7月から2階にスペースに構えるオーストラリア発のスキンケアブランド「イソップ(AESOP)」がある。過去にはDSMロンドンでパリ発総合美容専門店の「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー(OFFICINE UNIVERSELLE BULY)」のポップアップストアを開いた他、昨年11月米ロサンゼルスにオープンしたDSM LA では、メイクアップアーティストのパット・マクグラス(Pat McGrath)が手掛けるメイクアップブランド「パット マクグラス ラボ(PAT McGRATH LABS)」のコスメとアパレルとのポップアップを開いた実績がある。

 またコム デ ギャルソンは02年からプーチ(PUIG)とライセンス契約を結び、オリジナル香水をリリースしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら