ファッション

ZOZO610(武藤貴宣)の喜び溢れるファッション人生^_^ Vol.11 川久保さんは神々しかったです

有料会員限定記事

 座右の銘は「泣かぬなら 笑わせてみせよう ホトトギス」。ZOZOTOWN立ち上げメンバーで、「ファッションチアリーダー」に就任した武藤貴宣氏が、ファッションへの愛と明るい未来について、ゆるく語ります。

前回から続く)
 ZOZOTOWNは拡大していくうちに、ストリートブランドと大手セレクトショップのモールというイメージが強くなってしまい、デザイナーズブランドに敬遠されるようになっていました。デザイナーズブランドはこだわりが強い分、自分たちのブランディングを守るために並びや見え方により気を使いますよね。

 そこで、2010年1月にZOZOTOWNからちょっと離れたリゾートの島というコンセプトで「ゾゾヴィラ」を立ち上げました。ZOZOTOWNと同じIDは使えるけれど、別の世界観で、商品を検索しても「ゾゾヴィラ」の商品しか出てこないページです。

 海外ブランドも導入したかったので、伊勢丹出身の小濱勇人さんとコンサル契約をして、一緒にパリに行き、コレットのサラや「ラブ」編集長のケイティ・グランドなど、そうそうたる人たちに紹介してもらいました。

 その延長線上で「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」のショーも見せてもらったんです。パリの最前線で日本人がサムライのように戦ってる印象でした。父が「ギャルソン」好きでよく着ていましたし、僕もずっと好きなブランドです。ずっと扱いたいとは思っていましたが、恐れ多くて、アプローチできずにいました。でも小濱さんは、結構「ギャルソン」と仲良かったんですよね。それで初めて川久保(玲)さんに会わせてもらいました。当然、川久保さんを口説くのが一番なのですが、さすがにその前にワンクッション置かないと駄目なので、営業部長の方に何回か話をさせていただいて、理解していただいて上で、小濱さんに川久保さんのアポを取ってもらったと記憶しています。

この続きを読むには…
残り1127⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら