ファッション

「シュプリーム」が新クリエイティブ・ディレクターに「デニム・ティアーズ」のトレマイン・エモリーを任命か

 「シュプリーム(SUPREME)」が、新クリエイティブ・ディレクターに「デニム・ティアーズ(DENIM TEARS)」を手掛けるトレマイン・エモリー(Tremaine Emory)を任命したと英「ビジネス・オブ・ファッション(The Business of Fashion)」など複数の海外メディアが報じている。エモリーは今後、ファウンダーのジェームス・ジェビア(James Jebbia)やデザインチームと共にブランド全体のクリエイティブに携わっていく予定だという。

 エモリーはジョージア州アトランタ出身で、ニューヨーク育ちの30歳。2010年にロンドンへ移住すると、16年にアサイド(Acyde)と共にクリエイティブ・エージェンシー「ノー バカンシー イン(NO VACANCY INN)」を設立。カニエ・ウェスト(Kanye West)ことイェ(Ye)やヒップホップ・クルーのエイサップ・モブ(A$AP Mob)、フランク・オーシャン(Frank Ocean)、「ステューシー(STUSSY)」などのコンサルティングを務めた。その後、19年に自身のブランド「デニム・ティアーズ」を立ち上げ、「アグ(UGG)」や「リーバイス(LEVI’S)」「アシックス(ASICS)」といった多くのブランドとのコラボレーションを成功させるなど、ストリートシーンを中心に存在感を示してきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。