フォーカス

川久保玲とドーバーを作り上げたCEOが語る成功の秘訣

有料会員限定記事

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」の川久保玲デザイナーが、夫のエイドリアン・ジョフィ=コム デ ギャルソン インターナショナル最高経営責任者(CEO)とともにセレクトショップのドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET 以下、DSM)をロンドンにオープンしたのは2004年のこと。「コム デ ギャルソン」のさまざまなラインはもちろんのこと、ラグジュアリーブランドとストリートウエアが混在するユニークな空間は2人が掲げたコンセプト“美しきカオス”そのものだったが、当初は顧客に理解されず苦労したという。

 ジョフィCEOは、「厳しい時期が4年ほど続いた。コンセプトが全く理解されず、損失ばかりが増えていった。オープン初日に『これは一体どんな店なんだ?意味が分からないし、成功するわけがない』と言われたことを覚えているよ。当時はネガティブな意見をたくさんいただいた」と語る。「優れたアイデアは時代を先取りしていることが多く、理解されるのに時間がかかる。DSMはまさにそうで、徐々に気に入ってくれる人たちが現れた。実は今でも、『スーツ売り場はどこ?』なんて聞かれたりするけれどね」。

 最初こそ時間がかかったものの、現在DSMはロンドンに加えて東京・銀座、ニューヨーク、シンガポール、北京、ロサンゼルスに店舗を構えている。ジョフィCEOにその成功の秘訣、リスクを取ること、そして新しいものに挑戦する意義について、米「WWD」が聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年1月20日号からの抜粋に加筆しています)

この続きを読むには…
残り8099⽂字, 画像7枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む