ファッション

ZOZOTOWNでZ世代に人気だったショップは? 買い方はより慎重に(2021年下半期)

有料会員限定記事

 大手セレクトからD2Cブランドまで幅広く扱う国内最大級のファッションEC、ZOZOTOWN。そこで検索されたり、売れたりするアイテムはまさに最大の顧客層であるZ世代のトレンドを反映している。Z世代顧客の消費傾向やヒットアイテム、阪急うめだ本店で行った初のポップアップ開催などについてZOZOの本間聡EC事業本部ブランド営業二部ディレクターと結城春奈ブランド営業Fブロックブロック長に聞いた。

WWD:7〜12月の商戦を振り返ると?

結城:9月以降も気温が高い日が続いたため、ニットやコートなど秋冬商材の動き出しが遅かった。天気予報を常に気にしながら施策を検討するという日々が続いたが、10月上旬から気温が一気に低下し、秋冬商材も伸びて全体としては好調だった。1年で最も売り上げが大きい12月は、ギフト需要としても冬小物や新作の動きが良かった。

WWD: 7月中旬~9月末まで緊急事態宣言期間だったが前後の状況は?

この続きを読むには…
残り1873⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。