ファッション

新生「ボッテガ・ヴェネタ」がベールを脱いだ フィービー・ファイロの右腕が実力を発揮

 「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」が7月に新クリエイティブ・ディレクターに就任したダニエル・リー(Daniel Lee)による初めてのコレクション、2019年プレ・フォール・コレクションのルックをこのほど公開した。リーは、フィービー・ファイロ(Phoebe Philo)の「セリーヌ(CELINE)」でウエアのデザイン・ディレクターを務めていた人物だ。そのデビューコレクションの展示会が12月6日、8日のグランドオープン前の銀座の旗艦店で世界に先駆けて行われた。

ショーではなく展示会でなければならなかった理由

 ショーではなく展示会形式であることが重要だったようだ。その理由はプレスリリースに書かれていた。「何よりもまず『ボッテガ・ヴェネタ』のワードローブとは何かを明示することが重要だった。服そのものが持つセンシュアリティーにフォーカスし、一つ一つのアイテムはリアルな生活のためにデザインされている(中略)」――その言葉通り、レザーのドレス、トレンチコートやニットトップ、ツイードジャケット、ウールのコートジャケット、ライダースジャケット、レザーやナイロン製のスポーティーなブルゾンといった定番アイテムがラインアップされ、そこにリーの解釈がプラスされた。

 ウィメンズとメンズのワードローブには多くの共通点があり、互いに共鳴している。デザインポイントは、デコルテを強調するようなカッティング(背中を大きくカットしたものもある)、シャープなボックスシルエット、アイコンの“イントレチャート”の編み込みのディテール、グラフィカルな切り替えなどだ。加えて、「ボッテガ・ヴェネタ」を象徴するレザーが随所に用いられた。いずれもリラックス感がありながらフォーマル感も併せ持っている。

 細部に職人技が宿る控えめなラグジュアリーを提案する「ボッテガ・ヴェネタ」らしく、ロゴアイテムはない。ロゴの代わりになったのはブランドのアイコンである“イントレチャート”や“ノット(結び目)”のディテールだ。

バッグはマクロサイズの“イントレチャート”

 “イントレチャート”はプレタポルテのデザインアクセントとして、またハンドバッグではマクロサイズになって、その他ボックスクラッチやメンズのクラシックシューズ、ウィメンズのスクエアトーのパンプスなどに用いられた。“ノット”のディテールは、ニットやチェーンジュエリーで採用された。

 リーによる新生「ボッテガ・ヴェネタ」のステートメントとなる重要なコレクションは、リラックス感とフォーマル感が共存するリアルクローズで、職人技と遊び心がプラスしてブランドをモダナイズした。

 また、同コレクションはプレタポルテとシューズの高いポテンシャルが感じられる内容でもあった。現在「ボッテガ・ヴェネタ」の売り上げの多くは、バッグとレザーグッズが占めるが、今後、プレタポルテやシューズ、ジュエリーにも広がりそうだ。

 リーは、17年間同職を務めたトーマス・マイヤー(Tomas Maier)の後任として7月1日付で就任した。英国出身の32歳で、セント・マーチン美術大学(Central St. Martins)を卒業した後、「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「ダナ キャラン ニューヨーク(DONNA KARAN NEW YORK)」などでキャリアを積んだ。直近では「セリーヌ」で、フィービー・ファイロの下でウエアのディレクターを務めていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら