ファッション

世界中のアクセサリーが集まるポップアップ 畠山千明によるスタイリングイベントも

 伊勢丹新宿本店の自主編集売り場、リ・スタイル プラスは31日まで、“アドバンス・マニアック・新進気鋭”をコンセプトに国内外のクリエイターズアクセサリーを集めたポップアップストアをオープンしている。参加ブランドは、日本発の「ジーバンジーバカ(JIVAMJIVAKA)」「リーフェジュエリー(RIEFE JEWELLERY)」の他、英国発「モモクリアチュラ(MOMOCREATURA)」、タイ発「エック ソンプラサート(EK THONGPRASERT)」、米国発の「ファリス(FARIS)」「コウタ オクダ(KOTA OKUDA)」、インド発「ミショー(MISHO)」、ブラジル発「パオラヴィアス(PAOLA VILAS)」の8ブランド。

 「ジーバンジーバカ」は独特の青色を持つデュモルチェライト入りの水晶や、アンモナイトの化石、ムーンストーンなどを使用した一点物のリングや、ネックレスなどのシルバーアクセサリーをそろえた。一点物のリングは同ポップアップに合わせて製作した。普段はパリを拠点とする西沢卓也デザイナーは期間中店頭に立つ予定だ。

 2018年秋冬にデビューした「リーフェジュエリー」は10万円以上のジュエリーが中心で、参加ブランドの中では高価格帯だが、「11月28日から12月11日までリ・スタイル プラスで単独ポップアップを行ったこともあり、SNSなどを起点に集客している」(広報担当者)。ECはスタートしておらず、現在は同ポップアップストアのみで販売している。田村百子デザイナーが手掛ける「モモクリアチュラ」も東京では初出店となる。ヨーロッパのおとぎ話を着想源にし、ロンドンの工房で一つ一つ手作業で製作している。

 「エック ソンプラサート」や「ミショー」は1万円台からと手に取りやすい商品も取りそろえる。西沢「ジーバンジーバカ」デザイナーは「実際に試着して鏡に映してみて、見ただけでは分からない良さを発見してほしい。削りなど手作業で表現した宗教などのモチーフを手にとって間近で見ることができることもおもしろいと思う」とポップアップの見所を話した。

 24日には、モデルの畠山千明がひとりひとりに合ったジュエリースタイリングを提案するイベントを開催する。伊勢丹新宿本店の公式サイトでは畠山による各ブランドアクセサリーのコーディネートも掲載されている。

■CREATORS JEWELLERY
日程:12月12〜31日(年末は営業時間が日によって異なる。31日は17時に閉店)
場所:伊勢丹新宿本店本館3階 インターナショナルクリエーターズ / リ・スタイル プラス
住所:東京都新宿区新宿3-14-1

■「ジーバンジーバカ」 リングをプレゼント
対象者:抽選で1人
応募締め切り:1月8日18時まで
応募方法:以下のリンクから会員登録し、マイページ上からアンケートに回答
※抽選結果は商品の発送をもって代えさせていただきます。
※既に会員登録いただいている方はマイページ上からご応募ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら