ファッション

「グッチ」がハイジュエリーに参入 2019年夏に

 アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)が率いる「グッチ(GUCCI)」が、2019年夏にブランド初のハイジュエリーをスタートさせると「グッチ」を擁するケリング(KERING)のフランソワ・アンリ・ピノー(Francois Henri Pinault)会長兼最高経営責任者(CEO)が仏新聞「ル・フィガロ(LE FIGARO)」とのインタビューで明らかにした。

 ピノー会長兼CEOは「著名なファッションブランドは、準備が整ったらハイジュエリーに参入している。この業界に参入するには、成熟したブランドでなければならない。アレッサンドロ・ミケーレが描く豊かでユニークな世界観は、ハイジュエリーにもぴったりだろう」と同インタビューで語り、ハイジュエリーのファーストコレクションはイタリア製で200ピースを予定しており、カラーストーンを用いたものになると明らかにした。

 ケリングは、「グッチ」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」といったファッションブランドだけでなく、ジュエリーブランド「ブシュロン(BOUCHERON)」やウオッチブランド「ジラール・ペルゴ(GIRARD-PERREGAUX)」を擁している。

 マルコ・ビッザーリ(Marco Bizzarri)=グッチ社長兼CEOは6月に行われた株主総会で、中期目標で年間売上高100億ユーロ(約1兆2800億円)を目指すと発表。9月にはビューティ専用のインスタグラムアカウントを開設したばかりだ。

 「グッチ」は1970年代に業界に先駆けてファッションウオッチをスタートし、ミケーレの監修のもとにファッションジュエリーも扱っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら