ファッション

「グッチ ビューティ」がインスタアカウントを開設

 「グッチ(GUCCI)」は9月14日、ビューティ専用のインスタグラムアカウント(@guccibeauty)を開設した。すでに53万以上がフォローしている。

 西洋画の他、日本画など、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターがインスピレーションを得る世界各国のアート作品を投稿している。中には、女性がリップスティックを塗っている絵や粉をはたいている絵など、古来の美容法を描写している絵も投稿している。

 最新の投稿には、9月24日に開催された2019年春夏コレクションのビューティルックが登場する。小指だけ塗ったレッドネイルやラフに仕上げた不均一な前髪、ナチュラルな肌が特徴だ。

 「グッチ ビューティ」は14年にフリーダ・ジャンニーニ(Frida Giannini)前「グッチ」クリエイティブ・ディレクターの元、パット・マクグラス(Pat McGrath)がクリエイティブ・デザイン・ディレクターを務めデビューした。当時はプロクター・アンド・ギャンブル(PROCTER & GAMBLE)が手掛けていたが、16年に同社が「グッチ」を含む41ブランドをコティ(COTY)に売却した。"G"のモノグラムをエンボスしたアイシャドウやリップなどをそろえている。現在のところ日本での展開はないが、デビュー当時から日本での発売が期待されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。