ニュース

「グッチ ビューティ」がインスタアカウントを開設

 「グッチ(GUCCI)」は9月14日、ビューティ専用のインスタグラムアカウント(@guccibeauty)を開設した。すでに53万以上がフォローしている。

 西洋画の他、日本画など、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターがインスピレーションを得る世界各国のアート作品を投稿している。中には、女性がリップスティックを塗っている絵や粉をはたいている絵など、古来の美容法を描写している絵も投稿している。

 最新の投稿には、9月24日に開催された2019年春夏コレクションのビューティルックが登場する。小指だけ塗ったレッドネイルやラフに仕上げた不均一な前髪、ナチュラルな肌が特徴だ。

 「グッチ ビューティ」は14年にフリーダ・ジャンニーニ(Frida Giannini)前「グッチ」クリエイティブ・ディレクターの元、パット・マクグラス(Pat McGrath)がクリエイティブ・デザイン・ディレクターを務めデビューした。当時はプロクター・アンド・ギャンブル(PROCTER & GAMBLE)が手掛けていたが、16年に同社が「グッチ」を含む41ブランドをコティ(COTY)に売却した。"G"のモノグラムをエンボスしたアイシャドウやリップなどをそろえている。現在のところ日本での展開はないが、デビュー当時から日本での発売が期待されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら