ニュース

「グッチ ビューティ」がインスタアカウントを開設

 「グッチ(GUCCI)」は9月14日、ビューティ専用のインスタグラムアカウント(@guccibeauty)を開設した。すでに53万以上がフォローしている。

 西洋画の他、日本画など、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターがインスピレーションを得る世界各国のアート作品を投稿している。中には、女性がリップスティックを塗っている絵や粉をはたいている絵など、古来の美容法を描写している絵も投稿している。

 最新の投稿には、9月24日に開催された2019年春夏コレクションのビューティルックが登場する。小指だけ塗ったレッドネイルやラフに仕上げた不均一な前髪、ナチュラルな肌が特徴だ。

 「グッチ ビューティ」は14年にフリーダ・ジャンニーニ(Frida Giannini)前「グッチ」クリエイティブ・ディレクターの元、パット・マクグラス(Pat McGrath)がクリエイティブ・デザイン・ディレクターを務めデビューした。当時はプロクター・アンド・ギャンブル(PROCTER & GAMBLE)が手掛けていたが、16年に同社が「グッチ」を含む41ブランドをコティ(COTY)に売却した。"G"のモノグラムをエンボスしたアイシャドウやリップなどをそろえている。現在のところ日本での展開はないが、デビュー当時から日本での発売が期待されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら