ファッション

「パレス スケートボード」東京店のオープンに1500人超が行列

 世界有数のスケートボードブランドの一つであるイギリス・ロンドン発の「パレス スケートボード(PALACE SKATEBOARDS以下、パレス)」が11月3日、東京店を表参道にオープンした。

 ロンドンとニューヨークに次ぐ世界3店舗目で、アジア初の店舗ということもあり、日本人はもちろん台湾や韓国など国外から訪れた人も多く、行列は1500人超。オープンの様子を見に来た共同創設者のギャレス・スクイス(Gareth Skewis)は、あまりの列の長さに「クレイジーすぎる」と困惑しながらも、安堵した表情をのぞかせた。先頭集団はオープンの約12時間前から待機していたという。

 列をなしていた人たちの多くが、「ガンダム」風にアップデートした“Tri-Ferg”のプリントTシャツをはじめとした東京店限定のアイテムを求めていたようで、中にはほぼ全アイテムを手にいれた強者も。またこの日は、2018年冬コレクションの第5弾ドロップのローンチ日でもあり、“PAL-TEX”と名付けられたフードが取り外し可能なダウンジャケットやキャップを求める客も多く見られた。

 来週10日には、「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」とのコラボコレクションの発売を控えており、しばらくは“PALACE熱”が続きそうだ。

■PALACE SKATEBOARDS TOKYO
住所:東京都渋谷区神宮前5-9-20 2、3階
営業時間:11:00〜20:00

POLO RALPH LAUREN x ビジネスの記事

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。