ビジネス

ロンドン発スケートブランド「パレス」が日本版オンラインストアをオープン

 レヴ・タンジュ(Lev Tanju)が立ち上げたロンドン発スケートブランド「パレススケートボード(PALACE SKATEBOARDS以下、パレス)」が、日本版オンラインストアのオープンを発表した。オープンは5月4日で、同日11時からはブロンディ・マッコイ(Blondey McCoy)ら所属スケーターがモデルを務め、ユルゲン・テラー(Juergen Teller)が撮影した2018年サマー・コレクションを発売する。

 「パレス」は年内にロンドン店、ニューヨーク店に続く3店舗目を日本にオープンすると噂されており、日本版オンラインストアの発表を受けて現実味を帯びている。また「シュプリーム(SUPREME)」も、昨年オープンしたブルックリン店に次いで12店舗目となるサンフランシスコ店の準備を進めているとされ、今年はストリートブランドの新規出店が相次ぎそうだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら