ファッション

話題の「パレス」 × 「ポロ ラルフ ローレン」の発売日と取り扱い店舗が発表 日本は世界最多の3店舗

コレクションのティザー映像。荒野を舞台にルシアン・クラークら「パレス」所属のスケーターが出演している

 11月3日に世界3店舗目となる旗艦店を東京にオープンする「パレス スケートボード(PALACE SKATEBOARDS以下、パレス)」が、「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN以下、ラルフ)」とのコラボコレクションの発売日と取り扱い店舗を発表した。

 発売日は欧米の実店舗が9日で、日本と韓国および欧州の「ラルフ」とドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET以下、DSM)の公式オンラインストア、米「ラルフ」アプリが10日。取り扱い店舗は、3日にオープンするDSMのロサンゼルス店をはじめとした世界11店舗と限られており、日本では「ラルフ」のキャットストリート店、「パレス」の東京店、DSMの銀座店の世界最多となる3店舗で販売される。

 現段階では、商品ラインアップや価格などは不明。発売に先駆けて公開されたティザー映像からは、「ポロ ベアー」がスケボーを楽しむグラフィックがプリントされたスエットや、「パレス」らしいグラフィックを落とし込んだ「ラルフ」のセットアップのパジャマなどが確認できる。

 同コレクションは先週、東京・渋谷のスクランブル交差点や原宿神宮前交差点の大型街頭ビジョンに映し出したり、ロンドンの地下鉄に広告を出したりと、話題になっていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら