ファッション

「バルマン」がオートクチュールを復活

 「バルマン(BALMAIN)」が2019年1月にオートクチュール・コレクションを発表する。同ブランドのオリヴィエ・ルスタン(Olivier Rousteing)=クリエイティブ・ディレクターが明かし、「パリジャンのDNAを復活させたい」と語った。

 「バルマン」の売り上げのうち80%はプレタポルテによるものであり、オートクチュールの復活は事業面でも大きく寄与する可能性がある。ルスタンは、「アクセサリーや香水、化粧品にも力を入れたい」としている。

 なお、「バルマン」がオートクチュールを復活させるのは、02年にオスカー・デ・ラ・レンタ(Oscar de la Renta)が同社を離れて以来16年ぶりとなる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら