ファッション

ファレル・ウィリアムスが「シャネル」のカプセルコレクションをデザイン

 「シャネル(CHANEL)」は、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)との協業カプセルコレクションを発売する。「シャネル」が10月31日にタイ・バンコク市で初めて開催したショーで、ファレルは同コレクションからの、キラキラ光る「CC」と「Coco」ロゴのついた黄色いフーディー姿で登場した。

 「シャネル」によれば、同コレクションは韓国・ソウル市の新旗艦店で2019年3月29日に先行販売され、4月4日から世界中のいくつかの店舗で限定的に販売される。

 ファレルは、「シャネル」のキャンペーンに登場しているほか、2014-15年パリ-ザルツブルク メティエダールコレクションのショーで流されたカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)による短編映画の音楽制作を担当。また昨年には、パリのセレクトショップ、コレット(COLETTE)で発表された「シャネル」と「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」とのコラボスニーカーもデザインした。

 カプセルコレクションの型数や価格帯などの詳細については明らかになっていない。バンコクのショーはチャオプラヤー川の岸辺で行われ、パリで発表された2019年プレ・スプリング・コレクションが再現された。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら