ファッション

ファレルに直撃!! 「シャネル」とのコラボスニーカーと狂乱のスニーカーブーム

 「シャネル(CHANEL)」は「アディダスオリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」とコラボレーションし、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)がデザインしたスニーカーをパリのセレクトショップ、コレット(COLETTE)で発売する。世界限定500足のスニーカーをめぐっては、コレットのサイトに世界から12万の応募が殺到。コレットは11月23日(現地時間)、当選者に購入方法に関するメールを配信する。

 米「WWD」は21日に開かれたスニーカーのお披露目パーティーで、ファレルを直撃。「シャネル」との取り組みや、最近の狂乱のスニーカーブームについて聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):今回のコラボレーションの感想は?

ファレル・ウィリアムス(以下、ファレル):とても嬉しかった。「シャネル」とともに、しかも今までとは違うことに挑戦できたのは光栄なこと。僕と一緒にスニーカーを作るという、新たな挑戦をしてくれた「シャネル」は素晴らしいよ。

WWD:「シャネル」が他のブランドとコラボレーションするのは、極めて珍しいこと。「アディダスオリジナルス」とのコラボは、ファレルが導いた?

ファレル:もちろん。

WWD:「シャネル」の100年以上の歴史の中で初めてのことかもしれない。

ファレル:信じられないことだね。前例のない取り組みだから、最初は、このアイデアは却下されるかもしれないって覚悟していたんだ。だから実現した喜びはなおさら大きいんだ。

WWD:スニーカーは、どうやって完成した?

ファレル:まずは僕らでデザインを5種類に絞り込んで、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)が一番気に入ったものに決めたんだ。カールが選んだのは、左右にそれぞれ“CHANEL”と“PHARRELL”の文字を描いたもの。両足“CHANEL”のデザインも見せていたから、カールはそれを選ぶこともできたハズ。そんな中、僕の名前が入ったデザインを選んでくれて嬉しいよ。

WWD:ファレルは、もうスニーカーを自分でカスタマイズしているみたいだけれど……。

ファレル:今一番大事だと思っているメッセージをのせたんだ。“女性に権利を(Women’s Rights)”“神様って最高(God Is the Greatest)”そして“まずは相手のことを考えよう(Others First)”だよ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら