ファッション

「ルイ・ヴィトン」がホームキャンドル発売 ローズや雪を思わせる香り4種

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は11月5日、パフュームド キャンドルを発売する。価格は2万5000円で、一部の「ルイ・ヴィトン」ストアおよび公式サイトで取り扱う。

 インハウス・マスター・パフューマーのジャック・キャヴァリエ(Jacques Cavallier)が、創業以来のブランドの真髄である“旅”にインスピレーションを得て、旅の途中で発見した風景とキャンドルが香りを放つ屋内に着目。気分を高揚させる豊かな自然と、住まいに求められる居心地のよさの2面性を表現した香りをそろえる。ローズの初蕾が自然なままに優美に香り立つ「レール・ドゥ・ジャルダン」、清らかな海水と灼熱の太陽のコントラストを表現し、フレッシュティーの香りをベースにした「イル・ブランシュ」、神秘的で深みのあるパチョリの香りで樹林を連想させる「フーユ・ドール」、スターアニスやシナモンで12月の雪を思わせる「ドゥオール・イル・ネージュ」の4種。

 キャンドルの容器はハンドメードのセラミック製で、ブランドの象徴的な素材であるヌメ革のハンドルを備えた。ゴールド仕上げのメタル製の上蓋はキャンドルの下に置いて、ベースとして使用することができる。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら