ファッション

資生堂の文化誌「花椿」冬号のテーマは“光と陰” ペトラ・コリンズがフォトストーリーを撮り下ろし

 資生堂は10月15日、企業文化誌「花椿」冬号を発行する。資生堂パーラー銀座本店や資生堂ギャラリー、資生堂銀座オフィスなどの資生堂関連施設に加え、蔦屋書店など全国の書店、計50カ所で無料配布する。

 同号のテーマは“Light and Shadow(光と陰)”。巻頭特集で、新時代のフェミニズムをけん引する若手アーティストのペトラ・コリンズ(Petra Collins)が70年代のサブカルチャーから着想し、現代の日本の少女の陰影を捉えたフォトストーリーを撮り下ろした。その他、資生堂グループが展開するフランス発フレグランス&メイクアップブランド「セルジュ・ルタンス(SERGE LUTENS)」のクリエイティブディレクター、セルジュ・ルタンスのエッセイや、新進気鋭のフォトグラファー3人によるパリの日常の光と陰を捉えた写真も掲載する。

 連載にも多彩なコンテンツをそろえる。Charaがバーのママに扮する対談企画「サロン・ド・バー 花椿」では、満島ひかりをゲストに迎え、“光と陰”をテーマに“ひかり”の名前の由来や事務所を独立してからの話を聞く。また、「花椿」のアートディレクターを40年以上務めた仲條正義がこの秋に作品集を発売することを記念し、編集を担当したグラフィックデザイナーの葛西薫と服部一成との鼎談も掲載する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら