ファッション

資生堂の文化誌「花椿」冬号のテーマは“光と陰” ペトラ・コリンズがフォトストーリーを撮り下ろし

 資生堂は10月15日、企業文化誌「花椿」冬号を発行する。資生堂パーラー銀座本店や資生堂ギャラリー、資生堂銀座オフィスなどの資生堂関連施設に加え、蔦屋書店など全国の書店、計50カ所で無料配布する。

 同号のテーマは“Light and Shadow(光と陰)”。巻頭特集で、新時代のフェミニズムをけん引する若手アーティストのペトラ・コリンズ(Petra Collins)が70年代のサブカルチャーから着想し、現代の日本の少女の陰影を捉えたフォトストーリーを撮り下ろした。その他、資生堂グループが展開するフランス発フレグランス&メイクアップブランド「セルジュ・ルタンス(SERGE LUTENS)」のクリエイティブディレクター、セルジュ・ルタンスのエッセイや、新進気鋭のフォトグラファー3人によるパリの日常の光と陰を捉えた写真も掲載する。

 連載にも多彩なコンテンツをそろえる。Charaがバーのママに扮する対談企画「サロン・ド・バー 花椿」では、満島ひかりをゲストに迎え、“光と陰”をテーマに“ひかり”の名前の由来や事務所を独立してからの話を聞く。また、「花椿」のアートディレクターを40年以上務めた仲條正義がこの秋に作品集を発売することを記念し、編集を担当したグラフィックデザイナーの葛西薫と服部一成との鼎談も掲載する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら