ファッション

「花椿」が季刊化発行、蔦屋書店でも取り扱い

 資生堂が4月25日、季刊化リニューアルした企業文化誌「花椿」の第1号を発行する。従来の資生堂パーラー銀座本店や資生堂銀座オフィスなどの資生堂関連施設に加えて、蔦屋書店や青山ブックセンターなど、全国の書店約20カ所でも無料配布をする。

 特集テーマは「ピンク」。各界の著名人が語る特別なピンク「My Favorite Pink」や時代ごとのピンクの魅力を紐解く「The Power of Pink」といったコンテンツを用意。写真家・奥山由之が撮影したモデル・新木優子が表紙を飾る。また、夏号発売を記念して「pink pop ! あたらしい花椿」展を資生堂銀座ビルで開催する。奥山由之が撮り下ろしたポートレイトを始め、ピンクをテーマにしたオブジェを用意するなど、“3次元の花椿を体験できる”場所になるという。

 「花椿」は1937年に創刊した企業文化誌。全面リニューアルのために2015年12月号をもって発行を終了していた。16年6月に先行してウェブをリニューアルオープンし、11月には新装刊パイロット版(0号)を発行した。今後は7月(秋号)、10月(冬号)、1月(春号)と季刊誌として年4回刊行を続ける予定で、若い世代との接点となる取り扱い店舗を増やすことにも注力するという。

■pink pop ! あたらしい花椿
日時:4月3日~6月30日
時間:平日 11:00~19:00
定休日:土曜日・日曜日・祝日
場所:GINZA COMMUNICATION SPACE
住所:東京都中央区銀座7-5-5 (資生堂銀座ビル1、2F)
入場料:無料

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら