ニュース

「ユニクロ」がインドに初出店 南アジア進出の第一歩

 「ユニクロ(UNIQLO)」が2019年秋、インドの首都デリーに同国1号店をオープンする。まずはデリーへの出店によってブランドの知名度を上げ、そこからインドの他の地域および南アジアへの進出も計画する。

 柳井正ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長は、「インドへの出店は、私たちのグローバル戦略にとって大きな一歩であり、成長し続けるこの国の小売業の仲間になれることを、とても光栄に思う。インド経済の拡大に貢献するとともに、私たちの『ユニクロ』というブランドと、高い品質と手に取りやすい価格の“LifeWear (ライフウエア)”商品を、インドで紹介できることを楽しみにしている」とコメントしている。

 これに先駆け、デリーにファーストリテイリングの100%子会社としてユニクロ インディア(UNIQLO INDIA)を今月設立した。代表は果瀬聡ファーストリテイリング グループ執行役員が務める。なお、「ユニクロ」は2018年秋にスウェーデン、オランダ、ハワイへの出店を予定しており、インドは22番目の市場となる。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら