ファッション

ユニクロがH&Mの本拠地に出店へ 今秋スウェーデンに大型店オープン

 ファーストリテイリング(FAST RETAILING)は今秋、「ユニクロ(UNIQLO)」の北欧初となる店舗をスウェーデンの首都・ストックホルムにオープンする。昨年9月に、「ザラ(ZARA)」を擁する世界ナンバーワンのアパレル専門店、インディテックスの本拠地であるスペインに進出し、1号店をバルセロナにオープンしたのに続き、今度は、ナンバー2のH&Mの拠点に乗り込む。

 柳井正ファーストリテイリング会長兼社長は「日本とスウェーデンの外交関係樹立から150周年の節目となる今年、スウェーデンに初の『ユニクロ』店舗をオープンできること大変光栄に思う。スウェーデンへの出店は、ヨーロッパ事業拡大の一環で、これにより、『ユニクロ』は北欧に初進出することになる。世界で最も革新的な国の一つとして知られ、優れたテクノロジーとデザイン、現代的なライフスタイルを尊ぶスウェーデンの人々に、私たちのLifeWearコンセプトが受け入れられ、その生活の一部となることを願う」とコメントする。

 出店するのはストックホルム有数の歴史があり、市民の憩いの場として愛されている王立公園・クラグストラッドゴーダンに隣接する場所で、店名もクラグストラッドゴーダン店とする予定。スウェーデンのモダニズム建築を代表する建築家、スヴェン・マルケリウス(Sven Gottfried Markelius)の設計で1969年に建設されたビルの一角に、4フロア(地下1~地上3階)で、売場面積約1580㎡の大型店を構えることになる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。