ビジネス

「ユニクロ」12月度売上高が18.1%増 17カ月ぶりの2ケタ増

 ファーストリテイリング傘下の「ユニクロ(UNIQLO)」の2017年12月度の国内売上高は、直営店とダイレクト販売の合計が、前年同月比18.1%増と躍進し、16年7月以来17カ月ぶりの2ケタ増収となった。「月間を通して気温が低く、冬物商品の販売が全般的に好調だったことに加え、年末商戦で多くのお客さまにご来店いただけたことから、大幅な増収となった」と同社。客数は同13.6%増、客単価も同4.0%増だった。

 既存店とダイレクト販売の売上高計も同じく同18.1%増。直営店(リアル店舗)は前年同月から1店舗減少し791店舗となったが、売上高は同15.6%増。客数が12.2%増、客単価が同3.0%増だった。

 売上高は9月から4カ月連続で前年超えとなっており、直営店およびダイレクト販売の9~12月の累計売上高は、前年同期比11.4%増となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら