ビジネス

「ユニクロ」12月度売上高が18.1%増 17カ月ぶりの2ケタ増

 ファーストリテイリング傘下の「ユニクロ(UNIQLO)」の2017年12月度の国内売上高は、直営店とダイレクト販売の合計が、前年同月比18.1%増と躍進し、16年7月以来17カ月ぶりの2ケタ増収となった。「月間を通して気温が低く、冬物商品の販売が全般的に好調だったことに加え、年末商戦で多くのお客さまにご来店いただけたことから、大幅な増収となった」と同社。客数は同13.6%増、客単価も同4.0%増だった。

 既存店とダイレクト販売の売上高計も同じく同18.1%増。直営店(リアル店舗)は前年同月から1店舗減少し791店舗となったが、売上高は同15.6%増。客数が12.2%増、客単価が同3.0%増だった。

 売上高は9月から4カ月連続で前年超えとなっており、直営店およびダイレクト販売の9~12月の累計売上高は、前年同期比11.4%増となった。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら