ビジネス

D2Cモデルでデザイナーズブランドをバックアップ、IMCFが6000万円をVCから資金調達

 「パーバーズ(PERVERZE)」など3つのデザイナーズブランドのインキュベーション支援を行うIMCF(東京、吉武正道・代表)が、IFライフタイムベンチャーズ(IF Lifetime Ventures)とクラブ・ベンチャー・パートナーズ(KLab Venture Partners)、個人投資家から総額6000万円の第三者割当増資を行った。「パーバーズ」は、SNSや公式ECなどのD2C(Direct to Consumer)モデルを軸にしたデザイナーズブランドで、2016年10月にスタート。IMCFによるとスタートからわずか3カ月で黒字化したという。調達した資金は新たなデザイナーへの投資と既存ブランドの海外マーケティング費用に拡充する。

 IMCFは現在、ウィメンズブランドの「パーバーズ」と「ラインヴァンド(LEINWANDE)」、レザーブランドの「ビゴター(BIGOTRE)」の3ブランドのインキュベーションを行っている。いずれもD2Cモデルを軸に展開することで、デザイナーがブランド立ち上げにかかる費用や期間を最低限に抑えることを可能にしているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら