ビジネス

水原希子が「ディオール」のアジア・アンバサダーに 4カ国語駆使し挨拶

 「ディオール(DIOR)」のアジア・アンバサダーに女優でモデルの水原希子が起用され、発表会見に登壇した。同ブランドがアジア独自のビューティ・アンバサダーを設けるのは初めて。

 水原は会見で日本語の他、英語、中国語、韓国語で挨拶。「違うカルチャーに触れるのが楽しくて、自然な感じで言葉を覚えてきた」と語り、「アンバサダーに選ばれたことで、さらに他の国のことも勉強していきたい」と笑顔を見せた。

 また、ブランドの歴史や自身の思い出を語りながら「創設者クリスチャン・ディオール(Christian Dior)の周りにはお母様や妹、アトリエの3人の女性など、強い女性がたくさんいたと伺った。私もそんなディオール・ウーマンの精神を受け継いでいきたい」と意気込みを語った。

 水原は今後、アジア地域での発表会をはじめとしたイベントの出席や、490万のフォロワーを持つインスタグラムなどで「ディオール」の魅力を発信していく。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら