ビジネス

ザ・ウィークエンドが「H&M」の黒人差別的フーディーに激怒 契約解消か

 米シンガーのザ・ウィークエンド(The Weeknd)は、「H&M」の人種差別的なフーディーがネットで炎上したことを受け、同社とのパートナーシップを解消する意思を発表した。問題となったフーディーは、「coolest monkey in the jungle(ジャングルで最もクールな猿)」とプリントされた「H&M」のグリーンのフーディーを黒人のキッズモデルが着用した画像を、あるSNSユーザーが投稿したことがきっかけで炎上。「H&M」は謝罪し、同アイテムの販売を中止した。

 これに対しザ・ウィークエンドはツイッターに「今朝起きてこの写真を見て非常にショックを受け、動揺している。非常に不快。『H&M』とはもう仕事しない」と投稿し、同社との契約を破棄する意思をあらわにした。ザ・ウィークエンドのこの投稿に対するコメントは得られていない。「H&M」とザ・ウィークエンドは2017年3月に最初のコラボコレクションを発売し、9月にもコラボコレクションを発売している。

 「H&M」はザ・ウィークエンドのツイッター投稿に対し「多くの人が問題の画像に動揺していることは理解している。H&Mで働くわれわれも同じように感じている。このような写真を撮影してしまったこと、またプリントしてしまったことに対し、深く謝罪する。ECサイトから画像を削除しただけでなく、同アイテムの販売を世界中で中止した。ワークフローを適切に追えていなかったのは明らか。こうした問題の再発を防ぐため原因を徹底的に調査する」とコメントしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら