ニュース

ギャップが渋谷店を閉店

 ギャップジャパンは4月19日、渋谷・公園通りにあるギャップ 渋谷店を閉店することを発表した。閉店日は5月7日。

 米カジュアルSPAの「ギャップ(GAP)」は1995年9月に日本に上陸し、東京・銀座の数寄屋橋店(数寄屋橋阪急内、当時)と二子玉川店を出店。渋谷店は96年11月に3層でオープン。近年は渋谷パルコや渋谷区役所の建て替え工事などもあり、公園通り自体の賑わいがなくなっていることや、駅からの遠さなどもあり、売り上げ、客数ともに減少していたと見られる。渋谷の再開発が進む中で、移転先も気になるところだ。

 ギャップは昨年、グローバル主導のリストラ策の一環として、「オールドネイビー」(OLDNAVY)の日本撤退を決め、今年1月末で全53店舗の閉鎖を終えたところだった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら