ビジネス

ファーストリテイリングがギャップ抜き世界第3位に浮上 カジュアル専門店売上高ランキング

 「ユニクロ」を擁するファーストリテイリングが、ギャップを抜き、カジュアル専門店の売上高で世界第3位に浮上した。10月13日に発表したファーストリテイリングの2016年8月期の売上高は前期比6.2%増の1兆7864億円だった。

 国内ユニクロ事業は前期から196億円積み増して7998億円(前期比2.5%増)に、海外ユニクロ事業は517億円増え6554億円(同8.6%増)になった。「ジーユー」「セオリー」などグローバルブランド事業については、332億円増収の3285億円(11.3%増)になった。うち「ジーユー」は1878億円(同32.7%増)と飛躍した。営業利益は国内ユニクロ事業が1024億円(同12.6%減)、海外ユニクロ事業が374億円(同13.7%減)、グローバルブランド事業が95億円(同34.0%減)だった。

 特に成長をけん引した海外ユニクロ事業では、期中に160店舗を出店。昨年11月に店舗数が初めて日本を超え、期末店舗数は日本の837店舗に対して、海外は958店舗になった。売り上げ規模についても、今期または来期中には日本を超える見通しだ。

 これで、トップ4のランキングは、1位が「ザラ」「ベルシュカ」などを擁するインディテックスの209億ユーロ(約2兆4035億円)、2位はH&Mは2099億2100万スウェーデンクローナ(約2兆3091億円、VATを込む)、3位がファーストリテイリング、4位がギャップの157億9700万ドル(約1兆6270万円)となる。

 2020年の売上高5兆円を目指していたが、現実性を鑑みて3兆円を目標数値に掲げ直したものの、「近い将来には5兆円を達成したい。世界一のグローバル企業になるために、会社も仕組みも改革していく」と柳井正・会長兼社長。

 なお、ファーストリテイリングの2016年8月期決算の営業利益は1272億円(同22.6%減)、親会社の所有者に帰属する当期純利益は480億円(同56.3%減)で、増収減益だった。7月に発表した直近予想(売上高1兆8000億円、営業利益1200億円、当期純利益450億円)に対しては、売上高は未達、利益は増益となった。

 9月からスタートした17年2月期は、売上高1兆8500億円(前期比3.6%増)、営業利益は1750億円(同37.5%増)、親会社の所有者に帰属する当期純利益は1000億円(同108.1%増)を予想する。

 国内ユニクロは増収増益を見込む。売上高は2%増、うち、店舗は横ばい、eコマースは約4割の増収を見込む。海外ユニクロ事業については、円高が1割強の押し下げ要因となるため、若干の増収にとどまると予想する。

(1ユーロ=115円、1ドル=103円、1スウェーデンクローナ=11円)

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら