ファッション
特集 メンズ・コレクション2025年春夏

「プラダ」で三度見「JWアンダーソン」で夢見心地、今季ワーストのショーも 2025年春夏メンズコレ取材24時Vol.3

無料で読める

2025年春夏コレクションサーキットが開幕しました。イタリア・フィレンツェからミラノ、パリまで続くメンズからスタートです。「WWDJAPAN」は現地で連日ほぼ丸一日取材をし、コレクションの情報はもちろん、現場のリアルな空気感をお伝えします。担当は、大塚千践「WWDJAPAN」副編集長とパリ在住のライター井上エリ、そして藪野淳・欧州通信員の“浪速トリオ”。愛をもって、さまざまなブランドをレビューします。(この記事は無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

10:00 「サントーニ」

サントーニ(SANTONI)」はアーケード、ガレリア メラヴィッリ(Galleria Meravigli)を会場にプレゼンテーションを開催しました。“夢の国(Land of Dreamers)”と題した今季のコンセプトは、生きる芸術である職人技術を日常へと溶け込ませること。靴職人の実演とともに、柔らかいレザーを編んだスリッポンに、ハンドペイントによるグラデーションが美しいダブルバックルのシューズ、1970年代のスタイルを再解釈したテニスシューズを披露しました。

バッグバンドにレザーを巻きつけたデザインのダブルバックルのサンダルは、カジュアルとフォーマルが同居する、夏の新定番になりそうなアイテム。一方で、スカイブルーのグラデーションをペイントしたレザーのテニスシューズは、履きこなすのに超高等テクニックを要しそう。そんなことを考えながらコレクションを見ている間、会場全体にはペピーノ・ガリアルディ(Peppino Gagliardi)の楽曲”ガラスの部屋”がずっと流れていました。哀愁漂うこの楽曲は、自虐漫談でかつてブレイクしたピン芸人ヒロシのテーマ曲です。「サントーニ」と一発屋ヒロシ――接点のなさそうな両者が、私の頭の中でタッグを組む、不思議なミラノ・メンズ3日目の朝となりました。

10:30「ガムズ ノート」

この続きを読むには…
残り7208⽂字, 画像37枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。