ファッション
連載 エディターズレター:IN FASHION 第44回

サプライズ!アレッサンドロ・ミケーレの「ヴァレンティノ」が怒涛の171ルック公開

有料会員限定記事

出ましたね!お化けじゃないですよ、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)による「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のファーストコレクションのことです。正式なファーストコレクションは9月29日にパリで発表される2025年春夏コレクションになるのでしょうが、「最初に見る」という意味では昨日披露した2025年リゾートコレクションがお初。しかも出すわ、出すわ、メンズとウィメンズ合わせて171ルックを怒涛の公開です。ミケーレが「ヴァレンティノ」に就任したのは4月2日。わずか2ヶ月でこの内容は、それこそアトリエ全体が寝食忘れる勢いで仕事をしたのではないでしょうか。

ファーストコレクションに注目したのは、ミケーレによる「グッチ(GUCCI)」のデビューが痛烈だったから。その衝撃を期待して下記の記事を見ました。

感想は「既視感がある」が正直なところです。レトロな70年代調、パールを重ね付けする装飾、シルクスカーフなどに多用する華やかなプリント、透ける素材やレースを多用した官能性、大胆なロゴ使いなどは「グッチ」時代と通じるものがあります。クルーズコレクションだからか、トーンはやや抑え目ですが9月のコレクションではこの世界観を爆発させるのでしょう。

この続きを読むには…
残り898⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。