ファッション
連載 エディターズレター:FROM OUR INDUSTRY 第118回

撮影・共有できるスマートサングラスで予感 「人間の視点はビジネスになる」

有料会員限定記事

撮影・共有できるスマートサングラスで予感 「人間の視点はビジネスになる」

先週、出張先のミラノで、「レイバン(RAY-BAN)」とメタ社がコラボしたスマートサングラスを購入しました。上の記事で少しだけ紹介しているものです。お値段は、免税すると5万円強というカンジだったでしょうか?

音楽が聴けて、通話ができて、写真が撮れて、最大60秒の動画まで撮影できます。30秒の動画なら、フレーム内蔵のメモリーで最大100本まで収録可能だそう。もちろん、データをスマホに転送してしまえば、また100本撮影できます。いろいろ試していますが、写真よりも動画撮影の方が圧倒的にカンタン。というより、このデバイスの魅力が最大限に発揮できそうです。画質も悪くありません。バッテリーの消耗はちょっと早い印象がありますが、充電器はメガネケース。こまめに充電すれば、いろいろ楽しめそうです。WhatsAppとMessengerでは、その写真や動画をサングラスから送ることもできます。ただ、日本ではまだ発売されていません。盗撮対策は必須でしょうか?

というワケで、今は絶賛「いいでしょ〜」と言いながら、主に動画をイロイロ撮影しています。そして撮れば撮るほど、「他人の視点は、ビジネスになりそうだな」と思っています。

この続きを読むには…
残り1133⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。