ファッション
連載 ファッション&ビューティパトロール 第42回

「クラッシィ」編集部を直撃! ゾンビまで登場!?な着回し企画って?

無料で読める

「クラッシィ」編集部を直撃! ゾンビまで登場!?な着回し企画って?

女性ファッション誌の定番ネタの1つが、着回し企画だ。多くがストーリー仕立てで、いわゆる“モテるコーデ”を提案してきた。王道の結末は、「すてきな洋服で意中の人とのデートに成功!付き合うことになった」などだろう。しかし、「クラッシィ(CLASSY.)」(光文社)の「着回しDiary」はひと味違う。独自の路線を極め、 “ゾンビが大量発生した街を生き抜くコーデ”や、“雪山で発生したミステリーを解決する探偵女子のコーデ”など、奇想天外なストーリー設定で、たびたびインターネットを沸かせている。企画担当者の真意とは?「クラッシィ」編集部を直撃した。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月22日号からの抜粋で、無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

SNSを沸かせた“ゾンビ回”

あらすじ:日々の激務と彼氏の浮気で、心身ともに疲弊気味の主人公。そんな彼女の目の前に現れたのは、まさかのゾンビ集団だった。生き残りをかけるべく、トレンドカラーのグレーとベージュでゾンビの目をかいくぐるサバイバルライフが幕を開ける。

ネット民の声

いつか企画会議に出たい/気になりすぎてバックナンバーを取り寄せてしまった……

映画監督アリ・アスターとコラボ

この続きを読むには…
残り1818⽂字, 画像14枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。