ファッション

「サマンサ」がニコラ・フォルミケッティ&11の雑誌とコラボ

 サマンサタバサジャパンリミテッドは、「ディーゼル(DIESEL)」のアーティスティック・ディレクターを務めるニコラ・フォルミケッティを迎え、伊勢丹との新プロジェクト「ピンクワールド(PINK WORLD)」を始動する。3月15~21日には、伊勢丹新宿本店1階ザ・ステージで「ピンク」をテーマにしたポップアップショップを開催。ニコラと11のファッション誌とのコラボレーションバッグや「サマンサタバサ(SAMANTHA THAVASA)」の新作バッグや小物、ジュエリーを販売する。

 ニコラは、2個のパールとリボンがポイントの“ニコパール コレクション”とボリュームたっぷりのフリルをあしらった“サマンサパンダ コレクション”の2種類を提案。トートやショルダーなどをラインアップする。雑誌コラボバッグには、「バイラ(BAILA)」と「キャンキャン(CanCam)」「クラッシィ(CLASSY.)」「ハーズ(HERS)」「JJ」「オトナミューズ(Otona MUSE)」「レイ(Ray)」「スウィート(Sweet)」「ヴィヴィ(ViVi)」「ウィズ(with)」「美人百花」といった幅広いファッション誌が参加。「ピンク」をテーマに、それぞれのターゲット読者に合わせたバッグをデザインした。店頭では各誌それぞれのスペシャル企画も開催する予定だ。また店内では「100のピンク」と題し、「サマンサタバサ」のスタッフを始め、ミランダ・カーらセレブリティー、クリエイターなど100人のお気に入りのピンクのアイテムを展示。100人100色のピンクで彩る。

【関連記事】
■サマンサが“小嶋陽菜”とコラボ AKBから「おつかれサマンサ」記念
■サマンサ傘下「レストローズ」が全店閉鎖 ECのみに
■「サマンサベガ」の「カードキャプターさくら」コラボが香港で人気

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら