ファッション
特集 メンズ・コレクション2024-25年秋冬

「ドルチェ&ガッバーナ」「フェンディ」でスターが輝き「セッチュウ」新素材に驚く 2024-25年秋冬メンズコレ取材24時Vol.2

無料で読める

2024-25年秋冬コレクション・サーキットがメンズ・コレクションからスタートしました。イタリア・フィレンツェからミラノ、パリへと続く13日間を「WWDJAPAN」が連日ほぼ丸一日をかけて総力リポートします。担当は、「WWDJAPAN」の大塚千践・副編集長と藪野淳・欧州通信員、パリ在住のライター井上エリという大阪人トリオ。ラグジュアリーメゾンから無名の新人まで、全方位をカバーするリポートは「WWDJAPAN」だけ。3人が感じた喜怒哀楽と共に、現地のリアルな空気感をお伝えします。

(この記事は無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

9:00 「ブリオーニ」

ミラノ・メンズ2日目は「ブリオーニ(BRIONI)」から。今シーズンは手仕事にフォーカスし、高品質な素材使いに、テーラリング技術をいつも以上に表面に打ち出すスタイルがラインアップします。会場演出も、服が出来上がるまでの工程を順番に展示し、作業台にはプロジェクション・マッピングで投影した人の手が突然現れ、一瞬のけぞりながらも真摯なメッセージを受け取りました。

キースタイルは大きく2つ。テーラリングには素材使いやリラックスフィットで軽やかさを、カジュアルなスポーツウエアには仕立ての技術を取り入れます。毛足の長いカシミヤのコートやヘリンボーンのジャケット、軽量のダウンジャケットなど、アウターのバリエーションが充実しており、ニットキャップやスニーカーが快活な印象を加えます。軽さ、快適さ、精巧さという3つ信条を込めたコレクションは、決して派手ではありませんが、「ブリオーニ」らしいほぐれたクラシックスタイルで安定感がありました。

そして、「ブリオーニ」のインスタレーションといえば、“マネキン芸”も楽しみの一つ。丹精込めた服を、こんなポーズしてる人いないだろうというすごい体勢のマネキンが身にまとうギャップが面白いのです。ファッションメディアの記者として、実はマネキンのことも楽しみにしているなんて言えるわけがありません。でも今回のマネキンは、普通に座ったり立ったりしているだけ。たまらず「今回は何というか、ベーシックですね」と、まるで服のことかのように濁して聞いてみると、察したPR担当が「ありますよ、最後に」と、紹介してくれました。向かうは最後のイブニングウエアのスペース。出た、2体がパズーとシータのようにドラマチックに飛んでるではないですか。画家マリアノ・フォルトゥーニ(Mariano Fortuny)の作品に着想した深いオレンジや、柄に沿って刺しゅうしたビーズなどイブニングウエアにもストーリーと意匠を感じつつ、セットするスタッフは飛ばすときはみんな真剣なのか、もしくはちょっと面白がっているのかなど、想像を巡らせる楽しい展示でした。

11:00 「MSGM」

MSGM」のショー会場は、ミラノ中心部に位置するポルタ・ヴェネツィア駅構内です。数多くのお店や飲食店が立ち並ぶエリアのため、利用者の多いこの駅の一部を「MSGM」がジャックして、ランウエイへと変えてしまいました。デザイナーのマッシモ・ジョルジェッティ(Massimo Giorgetti)は、創立60周年を迎える地下鉄に、1960年代のイタリアの巧みなデザインを見出し、ブランドの出発地でもあるミラノを讃えます。

メインカラーは、ポルタ・ヴェネツィア駅を通る地下鉄1番線のカラーであるレッド。手すりの湾曲した形状や、駅構内を飾る1960年代モダニズム的な直線ラインをモチーフとして取り入れました。「MSGM」らしい鮮やかなプリントは、グーグル ピクセル8を使って駅や電車、ミラノの街を撮影し、デバイスに備わるAI主導の機能で独自に生成した画像だそう。グーグルにとって、ファッションブランドとコラボレーションする試みは初めてです。相変わらずのアイデアマンのマッシモに関心するものの、スタイリングやデザインはやや既視感があり、オリジナリティーがもう少しほしかったのが本音です。子ども心を忘れないはっちゃけ感はブランドの魅力ですし、彼の創造性は唯一無二なので、洋服の構造やスタイリングといったデザインの創造性をさらに生かしてほしいです。

12:00 「セッチュウ」

2023年に「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ(LVMH YOUNG FASHION DESIGNER PRIZE)」グランプリを獲得し注目を集める「セッチュウ(SETCHU)」は、ミラノのクラシックなバーでプレゼンテーションを開催しました。会場に到着した時点で中にはスタイリッシュなゲストがぎっしりな状態で、やや出遅れてしまったことに後悔していると、そのスタイリッシュなゲストが実はモデルという仕掛けでした。モデルもゲスト同様に飲んだり食べたり談笑したりで見分けがつかず、モデルを探していたら実はすでに囲まれていたというユニークな状況でした。日常に「セッチュウ」のコレクションを溶け込ませるという、桑田悟史デザイナーらしいアイデアですね。

最新コレクションは、「セッチュウ」らしい軽やかなテーラリングがベースです。イージーフィットのジャケットにはシグネチャーのクリースが付き、ボトムの裾に大きなワンクッションができるほどリラックスムード。パッファージャケットやフーディーを肩がけするスタイルは日本人らしいアイデアで、アイテムを重ねることで素材のコントラストが際立ちます。カラーリングはカーキやグレイッシュなトーンを中心に、淡いグリーンや鮮やかなイエローなどクリーンで多彩。そして「セッチュウ」の強みである素材にも注目です。桑田デザイナーの一押しは、サトウキビの繊維と和紙で作った糸をデニムに用いたアイテムと、洗えるカシミヤのウエア。あ、洗えるですって?が、残念ながらタイムアップとなったため詳細は展示会でチェックしてきます。

12:30 「ドルチェ&ガッバーナ」

この続きを読むには…
残り4660⽂字, 画像29枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。