ファッション
特集 メンズ・コレクション2024-25年秋冬

「ピッティ」で広がる新しい“男らしさ”の価値観

有料会員限定記事

今シーズンのメンズを象徴する新たな“男らしさ”を探求する潮流は、“イタリアン・クラシコ”の祭典であり、メンズ最大規模の合同展「ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO)」にも波及している。これまでミラノやパリのムーブメントとはやや距離があり、時間差もあった「ピッティ」に何が起こっているのか。現地リポートを通じて、変わりつつある大規模合同展の今に迫った。(この特集は「WWDJAPAN」2024年2月5日号からの抜粋です)

今シーズンの「ピッティ」は、昨年1月開催時と比較して海外バイヤーは4%増加して約4700人が来場し、販売点数は6%増加したという。イタリア国内も含む来場バイヤー数は約1万3000人で、パンデミックの影響をもろに受けた頃に比べて会場のにぎわいも徐々に戻り、特に初日と二日目は、メイン会場周辺は大勢のゲストで活気にあふれていた。

この続きを読むには…
残り1390⽂字, 画像14枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。