ファッション

デザイナーは自分の服にもこだわる? ショーのフィナーレに登場する際のスタイルまとめ

有料会員限定記事

デザイナーは自分の服にもこだわる? ショーのフィナーレに登場する際のスタイルまとめ

ファッションショーといえば、フィナーレにはデザイナーが登場し、盛大な拍手の中で観客やメディアにあいさつをするのが定番の演出だろう。華やかな最新コレクションをまとってランウエイを闊歩するモデルたちと異なり、それを作り上げた側であるデザイナーはTシャツなどシンプルなアイテムを着ていることも多く、そのギャップもまた面白い。ここでは、米「WWD」がニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリのショーの舞台裏に潜入し、さまざまなデザイナーに“フィナーレで自身が着用する服”へのこだわりについて聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2024年1月8日号からの抜粋です)

ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)

ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」創業デザイナー

イタリアモード界の“帝王”と称されるアルマーニは、青系統の服を選ぶことが多いという。「青は、どんなときでも私に似合う。それに、あまり色ばかりが目立たないよう気をつけているんだ」。

この続きを読むには…
残り2303⽂字, 画像26枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。