ファッション
特集 販売員特集2023 第17回 / 全31回

「売らない店」ならではの体験価値を提供 大丸東京店「明日見世」宮下美幸さん

有料会員限定記事

PROFILE: 宮下美幸さん/大丸東京店「明日見世」アンバサダー

宮下美幸さん/大丸東京店「明日見世」アンバサダー
PROFILE: (みやした・みゆき)1989年7月生まれ、埼玉県出身。大学卒業後、ファッション雑貨ブランドで販売職を経験。2016年に大丸松坂屋百貨店へ転職し、紳士平場や食品売り場を経て、22年9月より「明日見世」アンバサダーに任命される

大丸東京店4階の婦人服フロアの一角にある「明日見世」は、2021年10月にオープンした“売らない店”だ。22年9月からアンバサダーとして店頭に立つ宮下美幸さんは「明日見世」に異動が命じられて最初は戸惑った。(この記事は「WWDJAPAN」2023年11月6日号から抜粋・加筆しています)

「売らない店ってどういうこと?と驚きましたし、持ち帰れる商品はないのにどうやって接客すればいいか分かりませんでした」

店頭にはアパレルから寝具、コスメ、アクセサリー、食品など、幅広いカテゴリーの約20前後のブランド・メーカーの商品が並ぶ。いわゆるD2Cブランドが多い。商品はオンラインでしか買えないため、ここで実物を確認し、気に入れば各ブースに掲示されているQRコードからオンラインサイトにアクセスし、購入する。

「お客さまの中にはネット通販に抵抗感がある、オンラインストアの使い方が分からないから買えないという方もいらっしゃいます。その場合は、店頭で購入までサポートもしています」

この続きを読むには…
残り637⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。