ファッション
特集 販売員特集2023 第8回 / 全31回

おしゃれが苦手だった私だから伝えられることがある AOKI・西郷満利菜さん

有料会員限定記事

PROFILE: 西郷満利菜さん/AOKI WEB事業部デジタルマーケティング課チーフアシスタント

西郷満利菜さん/AOKI WEB事業部デジタルマーケティング課チーフアシスタント
PROFILE: (さいごう・まりな)1991年8月生まれ、兵庫県出身。2014年に新卒入社。20年からオンラインストアのスタッフスナップ2期スタッフに任命。現在はWEB事業部デジタルマーケティング課チーフアシスタントとしてデジタルを軸足に店頭でも活躍する

学生時代、友人たちが就活スーツを着るのを嫌がる中、西郷さんは袖を通すのが楽しみだった。「それくらいスーツが好きなんです!」という理由を尋ねると自身がファッションに対してアレルギーがあったからだ。(この記事は「WWDJAPAN」2023年11月6日号から抜粋・加筆しています)

「ファッションが好きな人に『何を着たらいいか分からない』と聞くと、だいたいが『好きなモノを着ればいいんだよ』と言われます。それに対して『好きが分かれば苦労しないよ』と、もやもやしていました。その点、スーツは好き嫌い関係なく、誰が着ても様になるから好きだったんです」。スーツは商談やプレゼンなど、勝負するときに着る服でもある。その重要性にも魅力を感じて、AOKIへ入社した。

アパレル業界に飛び込んだものの、ファッションアレルギーの西郷さんは接客を受けることも苦手だった。店頭に配属された際、まず自分がされて嫌なことをしないと心掛けた。丁寧なヒアリングとお客さまの表情をよく見ることに徹した。最初に配属された店の店長の接客を観察して学んだというヒアリング術は、会話で客との距離を縮めるために、スーツを着るシーンや手持ちのワードローブはもちろん、スーツ以外の話も聞きつつ相手の顔をさりげなく観察する。

この続きを読むには…
残り718⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。